ニュース


« 1 (2) 3 4 5 ... 105 »

イベント情報 : 2021年世界緑内障週間:ライトアップinグリーン運動

投稿日時:2021-2-28 23:43:17

2021年 世界緑内障週間:ライトアップinグリーン運動について

本年の世界緑内障週間は、3月7日(日)〜13日(土)となります。
この期間は、緑内障の早期発見と継続治療の啓発のため、世界中でさまざまなイベントが催されます。

日本では、日本緑内障学会が中心となり『ライトアップinグリーン運動』を展開しています。
これは、日本各地の建造物・施設をグリーンにライトアップすることで、社会に対して緑内障の早期発見を訴えると同時に、緑内障患者が将来にわたって視覚を維持できるよう、緑の光に希望を託すものです。

ライトアップに参加する施設は、お城やタワーなどの各地の名所の他、最近は病院や眼科クリニックの参加も多く、参加施設は年々増加しています。
また、日本に倣い、海外でもグリーンのライトアップを行う国が増えています。

お近くにライトアップする施設がありましたらご覧いただくとともに、あらためて緑内障について考え、身近な方に『緑内障という気づきにくい病気があること』をお伝えいただけると幸いです。

日本緑内障学会HP内の、ライトアップinグリーン運動 特設サイト

https://www.ryokunaisho.jp/light_up/

イベント情報 : 【配信終了】≪緑内障市民公開講座≫ Web配信視聴方法のご案内

投稿日時:2021-2-14 13:50:00

【配信は終了しました】
ご視聴くださった皆さま、ありがとうございました。
************************

2021年世界緑内障週間 市民公開講座(Web配信)

当会主催・恒例の緑内障市民公開講座は、本年は講演動画を2週間Web配信する形で開催いたします。
配信期間中は、PCやスマホなどのインターネットにつながる機器を通して『どなたでも・いつでも・何度でも』講座を視聴いただけます。
講師の鈴木康之先生には『緑内障についての最新事情』という演題で、治療における最新トピックなどについても解説していただきます。
ぜひこの機会に最新の情報に触れてください!

<緑内障市民公開講座 Web配信>
■Web配信期間 2021年3月7日(日)10時〜3月20日(祝)17時
■演題 緑内障についての最新事情
■講師 鈴木康之先生(東海大学医学部眼科主任教授)

※当会の会員さんでなくても、どなたでも視聴いただけます。

★視聴方法★
配信期間になりましたら、下記URLにアクセスし、画面案内にしたがって視聴用IDとパスワード入力し、参加登録の上ご視聴ください。

 視聴用URL: https://gjm.pw/saod0307
 視聴用ID: gfn
 視聴用パスワード: 0307 ※数字4桁

★視聴時の接続などに関する問い合わせ先★
 木村情報技術(株)サポート窓口
  電話: 0952-97-9167
  メール: https://gjm.pw/form
  平日9:00〜18:00(土・日・祝日を除く)
  ※オンデマンド配信終了までサポート
  ※緑内障市民公開講座とお伝えください。

続き... | 残り1998バイト

イベント情報 : 緑内障市民公開講座 Web配信について

投稿日時:2021-2-6 22:10:00

2021年の世界緑内障週間(3/7〜13)にあわせて、当会主催の『緑内障市民公開講座』を開催します。

本年は、新型コロナウイルス感染問題の状況をふまえ、講演動画をインターネット上で配信する形式といたしました。
PCやスマホなど、インターネットにつながる機器があれば、全国どちらからでも講演動画を視聴していただけます。配信を楽しみにお待ちください!

★視聴方法の詳細については、あらためてご案内いたします。

<2021年 世界緑内障週間 市民公開講座>
■Web配信期間  2021年3月7日(日)10時〜3月20日(祝)17時
■テーマ 緑内障についての最新事情
■講師 鈴木康之先生(東海大学医学部眼科主任教授)

<主催>一社)緑内障フレンド・ネットワーク
<後援>日本緑内障学会



イベント情報 : 第3回ロービジョン・ブラインド川柳コンクールについて

投稿日時:2020-12-13 20:14:57

第3回目を迎えた、標記コンクールの作品募集が始まっております。
(当会は、このコンクールの協力団体です)

このコンクールは、視覚障害について、当事者だけでなく医療関係者や一般の方にも広く認知していただくことで、視覚障害を持つ方の思いを知り、相互理解を促進することを目的として開催されています。

作品募集は
 『見えにくさを感じている方部門』
 『メディカル・トレーナー部門』
 『サポーター部門』
と、3部門に分かれており、視覚障害を持つ方だけでなく、さまざまな立場の方が、それぞれの立場からの思いを詠んで投稿できます。
見えづらさのせいで日常でちょっと困ること、サポートのありがたさ、バリアフリー実現のためにほんの少しでも踏み出せること・・・など、日ごろの思いや考えを川柳に託してみませんか?
そしてそんな川柳によって、皆の気持ちがほっこりしたり、視覚に障害があっても暮らしやすい社会に一歩近づけたら、素敵なことですね。

コンクールの詳細については、特設サイトにてご確認ください。
沢山の投稿をいただけますと幸いです。

■第3回ロービジョン・ブラインド川柳コンクール
主催:株式会社三城
後援:公益社団法人NEXT VISION
協力:一般社団法人 緑内障フレンド・ネットワーク 他
応募期間:2020年12月8日から2021年1月31日まで
応募部門は3つ
1.見えにくさを感じている方部門 視覚・色覚に障害のある当事者の方。
2.メディカル・トレーナー部門 医師・看護師・視能訓練士・歩行訓練士・その他
訓練施設等の先生方。
3.サポーター部門 家族、友人、職場の方、誘導ガイド、ヘルパー、商品開発、販売者などの支援者または一般の方。
詳細は、下記の特設サイトにてご確認ください。

URL:https://www.paris-miki.co.jp/lv-senryu/index.html

イベント情報 : 臨床眼科学会市民公開講座:オンデマンド配信について

投稿日時:2020-11-4 22:30:00

【第74回日本臨床眼科学会 市民公開講座】
本年の臨床眼科学会開催に伴う市民公開講座も、会場開催ではなくWeb配信となりました。
緑内障の講演はありませんが、眼科における移植・再生医療、スマートフォンとの上手な付き合い方など、興味深い話題の講演です。ぜひ聴講なさってください!

以下の市民公開講座案内ページより聴講ください。

http://www.congre.co.jp/ringan2020/shimin/index.html

■配信日時:2020年11月5日(木)正午から公開
■視聴費 ;無料
■プログラム
「国民の目を守る取り組み」
司 会:杉山 和久先生
   (金沢大学医学系長(医学部長)・眼科教授
    第74回日本臨床眼科学会学会長)

(目の)臓器・組織移植 そして再生医療へ
  演 者: 木下 茂先生(京都府立医科大学特任講座感覚器未来医療学 教授)

健康にスマホと付き合うために
  演 者:佐藤 美保先生(浜松医科大学 眼科学教室病院教授)

主 催
公益財団法人日本眼科学会、
第74回日本臨床眼科学会(金沢大学医薬保健研究域医学系眼科学・石川県眼科医会)


« 1 (2) 3 4 5 ... 105 »
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
千寿製薬株式会社
株式会社エムイーテクニカ

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。